岡山 障害者支援施設37歳職員逮捕 入所者に暴行しけがさせた疑い




 県内の障害者支援施設で、50代の男性の入所者に暴行しけがをさせた疑いで、37歳の職員が逮捕されました。
男性は病院に搬送された後、死亡したということで、警察はそのいきさつについても調べています。

逮捕されたのは、障害者支援施設の生活支援員で、赤磐市山陽に住む田端裕喜容疑者(37)です。
警察の調べによりますと、17日午前11時半ごろ、勤務する県内の障害者支援施設の廊下で、入所する50代の男性の顔を壁に複数回打ち付けるなどの暴行を加えてけがをさせた疑いが持たれています。
男性はその後、体調不良を訴え病院に搬送されましたが、17日午後4時半ごろ死亡したということで、病院から通報を受けた警察が、施設内の防犯カメラを調べ職員に話を聞くなどして捜査していました。
警察の調べに対して「イライラしていた」と供述し、容疑を認めているということです。
警察は男性が死亡したいきさつについても調べています。

今回の事件について障害者支援施設の管理者は、NHKの取材に対し「虐待防止のための研修を繰り返し行ってきたなかで起きた事件で、ことばが見つかりません。捜査に協力してまいります」とコメントしました。

///

岡山 入所者に暴行した疑いで逮捕された施設職員の男「イライラしていた」と供述 亡くなった男性の食事などを介助していた【岡山】




岡山県の障害者支援施設で入所者の男性にけがを負わせたとして、職員の男が逮捕されました。調べに対し男は、「男性に対しイライラした」と話しているということです。被害にあった男性は病院に搬送されましたがその後、死亡しています。

傷害容疑で逮捕されたのは、障害者支援施設の職員の男(37)です。警察によりますと男はきのう(17日)午前11時半ごろ、和気町にある障害者支援施設で入所者の50代の男性の顔を壁に複数回打ち付けるなどの暴行を加えけがをさせた疑いです。

男性は病院に搬送されましたがその後、死亡しました。警察が搬送先の病院から男性が死亡した旨の通報を受け、防犯カメラなど捜査を行い男の容疑を特定、けさ逮捕したものです。男は約15年前からこの施設に勤務し、亡くなった男性の食事などを介助する生活支援員でした。

(障害者支援施設の管理者)
「(容疑者の)いままで虐待という行為を目の当たりにしたことも無く。どちらかというと陽気で、利用者の皆さんを盛り上げていた1人です。申し訳なかったとしか言いようがないですね」

警察の調べに対して「男性に対しイライラしていた。私がやったことに間違いない」と容疑を認めているということです。警察では、殺人や傷害致死容疑も視野に捜査し、日常的な暴行があったかについても調べています。




///