岡山 矢掛町と矢掛高が包括協定 地域活性化と高校の魅力向上目指す




 矢掛町と矢掛高校が、地域の活性化と高校の魅力向上を目指して包括協定を結び、締結式が行われました。

協定を結んだのは、矢掛町と町内唯一の高校の県立矢掛高校です。
19日、高校で締結式が行われ、山岡敦町長と高月秀人校長が協定書を取り交わしました。
町と矢掛高校は、地域の活性化や高校の魅力向上に向けてこれまでも連携してきましたが、人口減少や少子化に伴う生徒の確保が課題となる中、協力関係をさらに深めようと今回、協定を結びました。
協定では、生徒たちが町の活性化や課題解決に向けてできることを主体的に提案したり、町が制服代や通学費などを補助して、教育環境を整備したりする取り組みをさらに進めることにしています。
県教育委員会によりますと、県内では勝央町と町内の勝間田高校も同様の協定を結んでいるということです。
矢掛高校の高月校長は「地域と連携し、町が発展する一翼を担う経験をすることで、生徒たちには社会で活躍できる大人になってほしい」と話していました。
山岡町長は「矢掛高校は町にとって欠かせない存在だ。時代が変化する中ではあるが、今回の協定を地域を担う人材の育成に結びつけたい」と話していました。